2016年07月01日

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

WS000002.JPG
視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」





突然ですが…あなたは、



「脳の働き」に自信がありますか?



視力の低下を、単純に目が見えにくくなるだけと、



考えている人が多いのですが、 実は、そうではありません。



視力低下の大きな原因の1つとして、「脳力」の老化があげられます。



「視力」と「脳力」には密接な関係があり、



「視力」の低下を防ぐためには、



「脳力」の老化を防ぐことが重要なのです。



もしかして、あなたはこのようなことで悩んでいませんか?



●遠くのものが、ぼやけて見えにくい

●本や新聞を読むとき、無意識に文字を読みとばす

●歩いている人にぶつかることがある

●目の前にある探し物に気がつかなかった

●仕事で見落としのためミスが多くなった

●車の運転でヒヤリとすることがある 




など。



これらの項目に該当する人は、



「脳力」の衰えによって視力がますます低下していると言えます。



では、どうすれば「脳力」効果的に活性化させ、


「視力」を向上させることができるのでしょうか…?




詳しくは>>>視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」




そして、



視力低下に悩む方の多くは、「間違った目の使い方」をしておられます。



世間で「目のためには…」と通説のように言われていることでも



実は、逆に視力低下を助長するようなものも少なくないからです。



近年、日本における視力低下は著しく、



人口の5割近くがメガネやコンタクトで視力矯正をしています。



携帯電話やスマートフォン、ゲームやパソコンなどの普及により、



視力低下が急激に進んでいるのです。



画面を見続けることにより、目は酷使され、疲れます。



疲れが溜まれば目の筋肉がうまく働かなくなり、



焦点がぼやけてしまうのです。



では、目の疲れを取れば、視力は良くなるのでしょうか?




詳しくは>>>視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」




目のマッサージをしたりすることで、



一時的には良くなるかも知れませんが、



根本的には何の解決にもなりません。



視力とは、その名の通り「ものを視る力」です。



でも、実際にものを視ているのは目なのでしょうか?



目はあくまでカメラのレンズのようなものであり、



実際には「脳」がそれを認識しています。



目から入った情報を脳が認識・判断して初めて



「ものを見る」といえるのです。




詳しくは>>>視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」













×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。